DIY

アシストフック自作 第3弾

 第1弾は、以前作ったワイヤータイプ。まずはお手軽にということで、身の回りの材料で作ってみた。
 使用感は、サワラの歯にも負けることなく、安上がりな割にそこそこ使えることが分かりましたが、何回か魚をかけるとワイヤーがヨレヨレになって絡まりやすくなる、釣り上げたあと、陸で魚が暴れるとその衝撃で切れたりする…など弱点もあり、メタルジグ用アシストとしてはコスト相応のモノでした。ただ、ワインド用のアシストとして簡単にセットできたりして、けっこう便利だったりもします。去年はこれを使って、45cmのソイとかも釣れた。

Dsc00799

 第2弾は、あらたにライン(ケプラート8号)とセキ糸(ナイロン2号)とボビンホルダーを買い揃え、もう少し市販品に近いものを作ってみた。ところが、8号ではサワラの歯にあっさり負け、2回ほど噛み切られてしまった。もう歯っていうより刃ですな。サワラさんはもう。

_b112352

 ということで今回は第3弾、ラインはケプラーノット15号なので、見た目は市販のアシストフック相当になりました。作り方は先人のレシピが多数ネット上にあるので、そちらを参考されたし。

_b132355

 しかし本当に市販品と同じ材料を使うと高くなってしまうのは目に見えてるので、針はオークションで安く購入した細軸のムツ針、セキ糸保護用の熱収縮チューブは無しとしました。近場で釣れるメインターゲットは40~50cmのイナダ、サワラなので市販品はオーバースペックだと思い、こんな感じにしてみました。コストはこんな感じ。

材料 購入単位 価格 使用数 合計
ケプラーノット 15号 10m ¥1,070 0.1m ¥11
セキ糸 2号 10m ¥160 0.2m ¥3
ムツ針 16号 8本 ¥30 1本 ¥4
アロンアルファ 3g ¥100 0.05g \2
合計       \19

ちなみにタイム計測してみたら、1コあたり8分くらいでした。飲みながらでなければ、もっと早くできるかも。 さっそく週末、天気良ければ試してみたいと思います。では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サビキ作り

 以前同じ作りで普通に釣れたので、またサビキを作ってみました。

Dsc02543

 前回はお試しで1個作ったが、根掛かりですぐロストしてしまったので、今回は4セットまとめて作成。仕様はというと…

  • 全長1m、3本針。主にジグサビキ用
  • 枝間隔は20cm、エダスは7cm位
  • 仕掛け下側にスナップ、スナップと下針間は30cm
  • 上側はスナップなし。リーダーと直結する
  • 針の種類は適当(海津やムツ針)
  • ラインは20ポンド、幹糸も、エダスも
  • 幹糸とエダスの接続は、幹糸に8の字を作り、その輪にエダスを通し、最後エダスの末端を8の字で幹糸に固定
  • サビキ部分は荷造りひも3cmくらい。シラスをイメージ(笑)
  • 荷造りひもは針と一緒に外掛け結び、一応アロンアルファで固定
  • 夜光ビーズを、付けたり付けなかったり(適当)
  • 材料代は1セット30円くらい

Dsc02545

 ビニールひもが耐久性低いので、数匹釣ったらボロボロになるのがネックだけれど、その時は針使い回しで作り直せるというエコ仕様です。とりあえずイナダにも負けない針と糸なので、大きいのを釣りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アシストフックを自作する

材料:ワイヤーと丸せいご針とアロンアルファ

費用:1コ10円くらいか

Dsc00639

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましてDIY

 せっかくの正月休み、ひさびさにDIYでもということで、昨年からの懸案だった「SX4純正カーオーディオにAUX追加プロジェクト」に取り組むことにしました。

 昨年手放したVitzRSでは、カセットテープアダプターを介してMP3プレーヤーの音楽を聴いていましたが、先々月購入したSX4はさすがにカセットデッキは付属しておらず、かと言って外部入力端子が付いているなどと気の利いた仕様でもなく、代わりに今更感のあるMDなんかも付いていたりで、ともかく同じ環境が得られません。仕方なくFMトランスミッターを介して聴いていましたが、音質がいまいちだったり電源が余計に必要だったりで、何とか直接接続したいなあと考えておりました。

 AUXが付いたオーディオ買えよ!というところですが、たかが端子ひとつのために買うのもなんだかなぁと思い、google様にお伺いを立てることに。「SX4 AUX」などとググッてみると、何と海外仕様のSX4ではDIYで簡単にAUXが追加できる模様。ただし向こうはMD非搭載だったり、微妙に仕様が異なるみたいでしたが、ものは試しと、ウチの車でもトライしてみることにしました。

 取り掛かったのが昨年11月で、当初海外仕様と同じ方式でやったがうまく行かずほったらかしていたのだが、本日プロジェクトを再開し、結果としてMDの機能を無効にすることにより無事AUXを追加することができました。

【手順1】オーディオを車から外して分解し、MDユニットから伸びているフレキを外す。これでMDの機能が無効になった。

Cimg6932

【手順2】外したMDのフレキ以外を元通りに組み立て、背面のいかにも何か繋げられそうな端子にオーディオケーブルを接続する。ピンアサインは、左から順に上側を1~4、下側を5~8とすると以下のとおり。

3…1k前後の抵抗を介し6へ接続、4…ステレオL、7…GND、8…ステレオR、残りはオープン

Cimg6938

【手順3】オーディオを元の位置に戻し、静かに合掌したのちに車のエンジンON。最初「SYSTEM CHECK」と表示されアセるが、オーディオのPOWERを入れなおし、ハンドルのMODEボタンを何回か押すと、今まで出てこなかった「AUX」の文字が神々しく出現!MDを無効にすることにより、海外仕様のユニットと同じ状態になるかも…という目論見が成功し、無事にAUXが有効になったのでした。めでたしめでたし。(ちなみに、MODE選択で「MD」の代わりに「AUX」が現れるわけではなく、両方現れる状態になりました。デッキ側で操作する場合は、CDボタンを押す毎にCD⇔AUXが切り替わります。)

Cimg6951Cimg6947

 ただでさえSX4人口は少ない上、純正オーディオのままの方はさらに少なく、需要が無い気がしますが、もし真似される場合は自己責任で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松岡窯でさんま皿

さかのぼること4ヶ月位前、庄内映画村の敷地内にある陶芸体験教室で作った皿です。
さんま用にデザインして、本日日の目を見ました。と言っても、別にさんまが釣れたわけではなく、スーパーで目に入ったので買っただけですが。

Cimg6484

いたって単純な形ですが、粘土をたたいてこねて伸ばして切って、均一な形になるように仕上げるのはなかなか難しかったです。形を作った時点ではけっこうきれいにできたかな?と思いましたが、焼きあがってみると歪んでたりするし…

使った感想は…まあ、さんまはおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プランター台 その2

家庭菜園用のプランター台 第二弾です。

freecadというフリーのCADソフトを使わせてもらい、図面を引きました。

Pic001

このソフトは開発中のアルファ版のようで、動作不安定なところもありますが、それなりに使える感じでした。今後の開発に期待。

今回のプランター台はベランダではなく外に直置きし、窓を開けて部屋の中から収穫できるように・・・と言う目的で背を高めにしています。1x4 6ftを10本使用して作りました。

Cimg4556

木を切ってネジで止めて、屋外用塗料を塗って乾かして…で半日ほどで完成しました。

Cimg4557

今生えているのは越冬したイタリアンパセリとレモンバーム、セージおよびこぼれた種から勝手に生えてきたシソです。これからモサモサ育てたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

階段だな

多少トチリつつも、階段型ラック完成。
1区画30cmなので、幅と高さが1m弱。
シナランバーコア製なので、案外軽いのです。

Img_6497

Img_6498

Img_6511

Img_6506


| | コメント (1) | トラックバック (0)

DIY LEDデスクライト 完成

 前回ブレッドボード上でうまく点灯することが確認できたので、製作にとりかかります。

 1.いつものごとくBSchで回路図を作成。
Led

 2.回路図を元に部品を半田付けし、ダイソーのタッチライトミニの豆電球を外したものと合体。電池ボックス、スイッチ、配線はそのまま活用します。ユニバーサル基板は四隅が邪魔になるのでニッパーでパッチンします。
_b031936

 3.使い古しの電池をセットして点灯テスト。けっこう明るく光ります。
_b031943

 4.基板、コイルをホットボンドで固定。けっこうスペースが狭く、コイルの配置にてこずったものの、どうにかこうにか収まった。
_b031946

 5.でもって裏ブタをネジ止めして完成。右の黄色いほうは改造していない豆電球仕様のもの。写真だとあまり分かりませんが直視できる/できない位の差はあります。
_b031949

 ということで完成しました。これをどう活用するかというと、ライトの裏ブタに磁石を固定して、作業机の上に吊るされたペン立ての底面にくっつけデスクライトにしております。普段はACアダプタ給電ですが電池も入っているので停電時やキャンプなんかでも使えちゃうスグレモノです。めでたしめでたし。
_b041956

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY ブロッキング発振によるLED点灯テスト

 今度はLEDを複数個使ったデスクスタンド的なものを作ってみようと思います。電池でも使える仕様にしたいので、電源は3~5Vくらいとしたい。一方白色LEDは順方向降下電圧が3.5Vくらいあるので、6個も直列にしようものなら20Vくらい必要。そんなとき使えるのが昇圧回路で、なかでもブロッキング発振回路が部品点数も少なく高電圧が得られるようなので、さっそくブレッドボード上で試してみました。

_a301912

 乾電池2個の電圧をコイル、抵抗、トランジスタの組み合わせであるブロッキング発振回路で昇圧させ、ダイオードとコンデンサで平滑化させた回路で、見事LEDを6個直列×3個並列したものが点灯しました。面白っ。試しに9個直列×2個並列にしてみてもちゃんと点灯しており、けっこう高電圧が得られるようです。9×2より6×3のほうが明るいようだったので6×3を採用することにします。

_a311931

 今回使用したコイルはジャンク部品のフェライトコアに、細めのビニル被覆線を2本一緒に18回ターンほど巻いたもので、こういう巻き方はバイファイラ巻きというらしい。今回初めてコイルを巻いてみて、巻き数も適当だけれど思いがけずすんなり動作しました。

_a251900

 首尾よく点灯することが確認できたので、ガワに使おうとダイソーで買っておいたタッチライトミニを分解。電池ボックスとスイッチ部分はそのまま使えそうなので、豆電球部分のみ取り外すことにします。さてさてうまくいくでしょうか。つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY キッチンタイマー プチ修正

 完成して5ヶ月ほど使用しているキッチンタイマーですが、不具合が1点ありました。その症状は、電源を切ってからすぐに再使用しようとすると動作しない、というもの。

 どうやら電解コンデンサにたまった電荷が電源OFF後も残り、PICがリセットされなかったりするために動作がおかしくなっている模様。電源OFF後いずれかのプッシュスイッチを押してやれば電荷が放電され、再電源ON後問題なく動作するのだが、毎回その対処をするのも面倒だし放っておくのもモヤモヤ感が残るので、回路をちょろっと修正しました。抵抗を1個追加し、電源OFF時抵抗を介し放電されるようにしただけだけど・・・
7seg

 これでFIX、ということでプログラムと回路図置いておきます。参考にされる方はどうぞ

 基本的に他のサイトで紹介されている回路のコピーですが、7セグデコードIC(4511や74LS47)を使わずPICでデコードしている点がオリジナルになります。もうちょい工夫すればPIC1個で作れそうですが、一旦これで。

_a171814 _a171817

| | コメント (0) | トラックバック (0)